Fuyunokotori

Fuyunokotori.com – このウェブサイトは日本映画についてです

Month: December 2021

監督来日!

監督来日!– やっと声が戻りつつある今日は、もう7月最終週ではないですかっ!

3週間くらい風邪ひいてました、宣伝うーまん1号です。

病み上がりきっていない私1号ですが、

来週から『冬の小鳥』のウニー・ルコント監督が来日するため、

取材の最終調整に終われています…。

監督来日!

でも、調整に時間がかかっているのは、

たくさんの取材依頼があるってことの嬉しい悲鳴なのさ、

と自分を鼓舞する23時。

さきほど、夕ご飯を食べたのに、ムショーにラーメンが食べたい23時。

こう忙しいと、「今日は自分にご褒美♪」が口グセになります。

監督来日日記~その弐~

監督来日日記~その弐~ – 銀河鉄道の夜」で大笑いしてから2日目の夕方。

もう取材も残すところ、2媒体となったとき、

ミラクルが起こりました!

取材のため、「TV Bros」編集部の方が

持ってきてくださった見本誌の表紙をみた瞬間、

一同一斉に

監督来日日記~その弐~

「Ths is ギャラクシー・トレイン(銀河鉄道)!!」

表紙が、なんと「銀河鉄道999」だったのです!

監督もさすがに疲れが溜まってきたところでしたが、

一気にテンションUP↑

その後「TV Bros」の取材も大いに盛り上がりました。

ウニー・ルコント監督来日日記

ウニー・ルコント監督来日日記 – ウニーさんが帰ってしまった寂しさから

すっかりご無沙汰してしまいました!

これ、言い訳ではないですよ。

本当に名残惜しいお別れでした…。

実に、分刻みの取材スケジュール。

30以上の取材に、嫌な顔ひとつせず、

真摯に向き合ってくださったウニー・ルコント監督。

印象的だったのは、1日目の「婦人公論」。

同じく養子だったといいう鎌田實さん(医師)からのお手紙に、

監督がお返事を書くという往復書簡企画。

9/22発売、10/7発売号の2号に渡って掲載されますが、

泣けます。

ウニー・ルコント監督来日日記

夜は、表参道の日本料理「旬味 桔梗」にて懇親会!

監督、かなりイケる口!!

それでも、お酒で大失敗したことがあるそう。

「冬の小鳥」の撮影が終わり、

編集作業1日目の夜、スタッフとの飲み会で

泥酔した監督は肩にかつがれて部屋まで運ばれたそう。

でも、まったく記憶はないそうです。

この話を聞いた、スタッフの一人が、

           「僕は酔って電車を寝過ごしてしまった。

                でも外へ出ると、東京では見られない満点の星空。

                     まさに銀河鉄道の夜(ギャラクシー・トレイン)だった!」と。

一同爆笑。

「じゃあ今夜は、ギャラクシー・トレインに乗らないように!」と

声を掛け合い解散となりました。