Fuyunokotori

Fuyunokotori.com – このウェブサイトは日本映画についてです

Category: fuyunokotori

Berita Kumpulan Film Terbaik

福岡 トークイベント実施決定!

福岡 トークイベント実施決定! – 「冬の小鳥」は、大好評のうちに、岩波ホールでの上映が終了しました。
現在、全国各地での上映が続いています。

今週末12月11日(土)からは、福岡 KBCシネマでの公開がスタート。
急遽、下記の豪華トークイベントの実施が決定しました!!!
この機会をお見逃しなく!お誘いあわせの上、足をお運び下さい。

 トークイベント
 映画評論家・寺脇研氏×監督 澤井新一郎氏×脚本家 荒井晴彦氏 
 ■日時:12月12日(日)
     12:20-14:00 「冬の小鳥」本編上映
     14:05-15:00 講演【「冬の小鳥」から「海炭市叙景」】
 
  ※当日、「冬の小鳥」の午前の回はありません。是非この回にご来場下さい。
  ※通常料金でご覧いただけます. nahjbayarea


 ■講師略歴
 □寺脇 研 氏 (映画評論家、京都造形芸術大学教授):
1952年福岡市生まれ。高校時代から「キネマ旬報」に映画評を投稿、大学卒業後に映画評論家となる。 一方で文部科学省に勤務。文化庁文化部長などをつとめる。現在、荒井晴彦編集長の「映画芸術」を助け、そこを中心に活動。著書「映画を追いかけて」「映画を見つめて」「映画に恋して」 (以上、弘文出版) 「韓国映画ベスト100」(朝日新書)などがある。

 □澤井 信一郎 氏 (映画監督):
1938年生まれ。東映入社後、マキノ雅裕に師事。脚本・助監督を務めた「トラック野郎」は、東映の看板となった。81年、「野菊の墓」で監督デビュー、「Wの悲劇」(84)、「早春物語」(85)で日本映画監督協会新人賞を受賞。その他、「わが愛の譜 滝廉太郎物語」(93)、「蒼き狼 地果て海尽きるまで」(07)等多数。

 □荒井 晴彦 氏 (脚本家、映画監督):
1947年生まれ。季刊誌『映画芸術』発行人、編集長。脚本を手掛けた作品は、「探偵物語」(83)、「Wの悲劇」(84)、「眠らない街 新宿鮫」(93)、「KT」(02)、「ヴァイブレータ」(03)等多数。

福岡 トークイベント実施決定!
監督フランスから日本へ!

監督フランスから日本へ! – 7月最後の先週は、ウニー・ルコント監督の取材調整で
バタバタ忙しく、気付けばもう8月じゃないですか!

監督はフランスから日本に無事出発されたとのこと。
明朝には、猛暑の日本に降り立ちます。joker388


私が初めて監督をみた、ある映画祭のトークショー。
ショートヘアにパンツスタイルの監督は、
まさにクールビューティー!といった感じでした。


実際にお話しするのは今回が初めてなので、
到着を心待ちにしています!

監督フランスから日本へ!
日経WOMANで

日経WOMANで – 現在、店頭に並んでいる
柴咲コウさんが表紙の、日経WOMAN 10月号

中野翠さんの<ときめきMOVIE>で
「冬の小鳥」が紹介されています!!!

そこで触れられている、この映画の名シーン。。。

~~施設ではお姉さん格で脚の悪いイェシンが失恋自殺に失敗し、少女たちの前で反省の弁を述べる場面。深刻に語っていたのに途中でプッと噴き出してしまう。それにつられて少女たちも笑い出す。
深刻もどん詰まりまでゆくと笑ってしまう。そして、その笑いが新たな出発点となる。~~ daftar joker388


そして、子どもたちが歌う「故郷の春」には、涙・涙です。

公開まで、あと17日。

いち早く劇場で、感動を味わっていただきたいです。

日経WOMANで
一般試写会!

一般試写会! – 先週末、「冬の小鳥」の一般試写会が行われました。
ご来場いただいた皆さま、誠に有難うございました。

昨年の東京国際映画祭での評判から、期待も大きかったようで、
(映画祭では、「旅人」のタイトルで上映されていました)、続々と、
熱いご感想が届いています。joker123


特に、、、、

主人公ジニが、ラストに見せる表情へのコメントがとても多く、
皆様の記憶に残ったのだなぁと。

本当に、素晴らしいラストシーンなんですよ。

10月9日より岩波ホールでの上映がスタートします。

ぜひ、劇場で感動のラストをご堪能ください。

一般試写会!
ウニー・ルコント監督 到着!

ウニー・ルコント監督 到着! – 照りつける日差しに負けまくり。
メラニン生成中の宣伝うーまん1号です。


そんな灼熱の日本に、ウニー・ルコント監督が本日無事に到着しました!
飛行機が予定より2時間遅れてフランスを出発したそう。


驚いたのは、なんと私たちにシャンパンのお土産!!
いままでお土産持参した来日ゲストなんていなかったので
スタッフ一同感激です!!daftar joker123


明日からの殺人的スケジュールに備え、
今日はおそばを食べてお休みに…。


明日は取材1日目。
来日レポートお届けします!

ウニー・ルコント監督 到着!
いよいよっ!!!!


いよいよっ!!!! – 明日、

10月9日(土)より、東京 岩波ホールでの公開がスタートします。


続いて、全国の映画館で順次公開となりますので、お近くの劇場へぜひ足をお運び下さい。

<劇場情報はこちら>


新聞等で、絶賛評が相次いで掲載されています。http://tembakikan.sg-host.com/

そして、キネマ旬報(10月下旬号)のシネマREVIEWでは、
なんと、映画批評家の選者全員が 満点★★★★!!!!!!!


          「ひとつの旅を終えて飛び立っていく彼女のまっすぐな瞳の強さは、この映画の強さ」

いよいよっ!!!!





比類無い一作です。ご期待ください!!!

キム・セロンが­少女を演じる映画『アジョシ』

キム・セロンが­少女を演じる映画『アジョシ』– 2010年10月9日(土)より岩波ホールにて公開

キム・セロンが­少女を演じる映画『アジョシ』


『シークレット・サンシャイン』のイ・チャンドン監督が脚本を気に入り、プロデュースを買って出た感動作。父親に置き去りにされた事実を受け入れられない少女の悲しくも切­ない失意の日々と、そこからの再生のドラマを力強く描く。監督は、自身も養子として韓国から渡仏した経験を持つ新星のウニー・ルコント。主演は、これが映画初出演となるキ­ム・セロン。彼女の存在感と情感あふれる演技が、観客の心をわしづかみにする。joker123

秘密の太陽

秘密の太陽 – この映画は、2007年のカンヌ映画祭で最優秀女優賞を獲得した女優の主役であるDo-yeon Jeonの成功に魅了されました。それに加えて、この映画はオスカー2008年に韓国を代表するリストにも載っています。 サンシャインシークレット シンエエ(ドヨンジョン)が行く場所である密陽に直接呼びかけます。夫がいつか彼が生まれた場所に来ることを夢見ていたため、彼女は密陽に行きます。彼女がその場所に行くとき、彼女は彼女が夫を失うことの悲しい彼女を消すことを望みました。彼女は息子と一緒に密陽に滞在し、生活のためにピアノ教室を開きました。 シンエエが裕福な家族のものであることを示すシーンがあります。しかし、彼女の両親は彼女が下した決定に同意しないため、彼女は不幸な生活を送っています。彼女の過去には多くのことが起こり、それは神の存在でさえ、シンエが孤独で、冷笑的で、不信心な人になりました。 それから悲劇が彼女にやってくる。彼女は避難所を見つけようとします。トラフの強さを生かすために何かを与えることができる場所。彼女が最終的に強さを見つけたとき、彼女は再び彼女の信仰をテストする困難な時間をトラフします。 他の韓国映画のように、プロットはとてもゆっくり流れています。ゴロゴロと、あまりにも主な役割のワイプを 搾取 。joker388

秘密の太陽

幸いなことに、シナリオライターは、小説から生まれた退屈な話を組み合わせることに成功しています。プロットは視聴者を縛り付け、メインの役割の次に何が起こるかを見ることに成功します。 物語のほかに、映画の強さは、Do-Yeon Jeonの役割の最初のレートです。彼女は孤独で、欲求不満の、気違いの人をうまく演じましたが、彼女が悟りを持っているとき、輝きを保ちます。彼女がコミュニティでroするシーンはとても感動的です。 Sn-aeが刑務所で敵を訪問したとき、彼女は強い感情を示し、彼女は意志を超えた何かを見つけました。映画は、シンエが自分で髪を切ったシーンで終わり、ショットはシンエのいる地面に移動します。それが本当に何を意味するのか決して知らない。シークレットサンシャインは見る価値があることは明らかです。ドヨンチョンの劇のほかに、私たちが信じていることを私たちの信仰に思い起こさせます。まだ秘密になるもの。 3.5 / 5。

より岩波ホールにて公開

より岩波ホールにて公開 -『シークレット・サンシャイン』のイ・チャンドン監督が脚本を気に入り、プロデュースを買って出た感動作。父親に置き去りにされた事実を受け入れられない少女の悲しくも切­ない失意の日々と、そこからの再生のドラマを力強く描く。監督は、

自身も養子として韓国から渡仏した経験を持つ新星のウニー・ルコント。主演は、これが映画初出演となるキ­ム・セロン。彼女の存在感と情感あふれる演技が、観客の心をわしづかみにする. joker888

より岩波ホールにて公開
インタビュー

インタビュー – 映画を撮りたいという欲求は、私の人生の遅くにやってきました。少しだけ女優や映画の衣装デザイン をやってみたりといろいろ回り道をして、シナリオ養成講座で書いた脚本が『冬の小鳥』の始まりとなりました。

脚本は、私の母国語である韓国語で書かれるべきでしたが、私はすっかり言語を失っていました。フランス語で書くことになりましたが、私は映画という共通言語で書くことを信念としていました。それこそが私のハンデを補ってくれると信じていたからです joker123 terbaru

インタビュー